simplify network Ubiquiti UniFiシリーズ

UniFi Protect - ビデオ監視プラットフォームの概要

ここでは、「UniFi Protect」ビデオ監視システムの運用開始に必要なデバイス、およびそのセットアップ方法について解説します。

UniFi Protectを使用すると、次のことができます。

  • UniFi Video Camera (UVC) をUniFi Protectソフトウェアに追加して管理できます。
  • UniFi Protect管理下で、カメラを設定し、映像ストリームを視聴でき、また、ピンポイントの録画データをローカルディスクにダウンロードできます。

UniFi Protectソフトウェアは、以下の製品にバンドルされ提供されます。UniFi Protectは、UniFi OSコンソール上で出力されます。

モデル 特徴 インストールできるアプリ ストレージ容量
Dream Machine Pro ゲートウェイルーター機能を備えたマルチアプリケーションコンソール UniFi Network, UniFi Protect, UniFi Talk, UniFi Access 3.5" HDD x 1
Cloud Key Gen2 Plus UniFi Networkアプリも利用可能なマルチアプリケーションコンソール UniFi Network, UniFi Protect, UniFi Talk, UniFi Access 2.5" HDD (pre-installed 1TB HDD) x 1
Network Video Recorder より優れたストレージ機能を備えるProtect専用コンソール UniFi Protect 3.5" HDD x 4
Network Video Recorder Pro より拡張性の高いストレージを備えたProtect専用コンソール UniFi Protect 3.5" HDD x 7
  • G4-Proなどの有線カメラの場合、カメラに電力を供給してUniFi OSコンソールに接続するには、PoEソース(PoE対応のUniFi Switch)が必要です。
  • G3-InstantやG4-Doorbellなどの無線カメラの場合、カメラをコンソールに接続するには、Wi-Fiソース(UniFi AP)が必要です。
  • 映像を保存するためのHDDが必要です。詳細はこちら

UniFi Protectのセットアップ

UniFi OSコンソールをまだセットアップしていない場合、次の各製品のクイックスタートガイドに従ってセットアップします。

Webブラウザでの利用方法

UniFi Protect Webアプリケーションを使用すると、次のことができます。

  • カメラデバイスの追加と状態の管理、設定の変更
  • ビデオストリームの表示、録画のダウンロード
  • ビデオストリームにおける動体や音声の検出

unifi.ui.comにアクセスし、Ubiquiti SSOアカウントでサインインすると、インターネット越しにUniFi Protectにアクセスできます。

UniFi Protectにローカル接続する場合、管理用PCとUniFi OSコンソールが同一ネットワーク上にあることを確認してください。UniFi OSコンソールのIPアドレスをWebブラウザに入力し、Protectの利用を開始します。詳細はこちら

モバイルアプリでの利用方法

UniFi Protectモバイルアプリは、外出先でUniFi Protectを管理するための便利なツールです。このアプリはAppStoreGooglePlayから無料でダウンロードできます。

カメラデバイスの採用

Webアプリまたはモバイルアプリを使用して、カメラデバイスを追加できます。

カメラユーザーの追加

他のユーザーを招待してカメラ映像へのアクセスを許可できます。

ページ先頭へ