データセキュリティ ALogシリーズ

サーバマネジメント Resource Athlete

01.概要

Resource Athlete(リソース アスリート)は、
フォルダアクセス権の変更管理や
不要ファイル/大容量ファイルの洗い出しなど、​
サーバリソースに関するあらゆる情報を可視化し、
レポート化する
統合型サーバマネージメントツールです。​ ​

不要ファイル/アクセス権/
アカウントなど
“簡易GUI”で運用状況をレポート化

Resource Athlete(リソース アスリート)は、フォルダアクセス権の変更管理や不要ファイル/大容量ファイルの洗い出しなど、サーバリソースに関するあらゆる情報を可視化し、レポート化する統合型サーバマネージメントツールです。

フォルダアクセス権の管理

Resource Athlete(リソース アスリート)は、フォルダアクセス権の変更管理や不要ファイル/大容量ファイルの洗い出しなど、サーバリソースに関するあらゆる情報を可視化し、レポート化する統合型サーバマネージメントツールです。

ファイルリソースの管理

Resource Athlete(リソース アスリート)は、フォルダアクセス権の変更管理や不要ファイル/大容量ファイルの洗い出しなど、サーバリソースに関するあらゆる情報を可視化し、レポート化する統合型サーバマネージメントツールです。

リソースアスリートが出来ること

  • フォルダアクセス権の管理
    • 全部or特定フォルダのアクセス権​
    • 親フォルダとアクセス権が異なるフォルダ​
    • 特定のユーザーがアクセスできるフォルダ​
    • アクセス権が変更されたフォルダ​
    • 共有設定がされているフォルダ​
  • ファイルリソースの管理
    • 一定量を超えるフォルダ
    • 長期間使われていないファイル
    • 重複ファイル
    • 特定の拡張子を持つファイル
    • サービス/プロセスなどのイベント情報
    POINT
    様々な条件設定が可能です。
    ex: 3階層以上で20GBを超えるフォルダ
    ex: 5年以上Readのないファイル
  • ユーザーアカウントの管理
    • 管理権限を持つアカウント
    • 使われていないアカウント
    • パスワードを変更していないアカウント
    • グループとグループ内ユーザー
    • PCインベントリ情報
    POINT
    アカウントライセンスを利用するとドメイン/ワークグループのアカウント情報、PCインベントリ情報も統合管理できます。

02.特長

Point 1

テンプレート標準装備

レポートの設定は、
わかりやすいウィザードで簡単。
よく使われる項目はテンプレートをご用意。​

  1. 1 テンプレートを選ぶ

  2. 2 情報収集の対象サーバを決める

  3. 3 周期を決める

  4. 4 設定終了

Point 2

自動レポート

設定したレポートは、
日次・週次・月次のいずれかで自動作成。
PDF・CSV・TSVで自動出力。​

  1. 1 スケジュールを登録する

  2. 2 レポートを自動作成

Point 3

差分抽出機能

毎回リストを一から精査するのは
非常に骨が折れます。
Resource Athleteは、前回のレポート作成をした時点から変更があったものだけをピックアップする差分抽出機能もご用意しております。
フォルダのアクセス権管理など、
対象の数が膨大で、かつチェックの手間が
大きいものの管理などに有効です。

Point 4

エージェントレス

Resource Athleteはエージェントレス導入時の
手間や導入後のトラブルのリスクが小さいので、
システム管理の手間も削減できます。

Point 5

レポートサンプル​

全部or特定フォルダのアクセス権

POINT
アクセスできるユーザー/グループとアクセスの種類が把握できます。

特定のユーザーがアクセスできるフォルダ

POINT
ユーザーをキーにしたアクセス可能フォルダのリストアップは、ツールがないと大変です。

長時間使われていないファイル

POINT
ディスクを肥大化させる無駄ファイル。レポート化できたら、あとは管轄部署で自己削除を促しましょう。

一定量を超えるフォルダ

POINT
そもそも無駄に大きいメタボフォルダ。画像や重複ファイルなどは整理対象に。​

重複ファイル

POINT
ファイル名が異なってもサイズやハッシュ値で重複を判別します。

使われていないアカウント

POINT
不要なユーザーID/一時的に作成したグループIDが放置状態では?踏み台にされる前に定期的に無効化、削除を。

Point 6

印刷用レポートサンプル

調査報告書

  • 設定フォルダのアクセス権一覧
  • ユーザーアカウント一覧

03.動作環境・価格

動作環境

対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
  • ※32bit版OSには非対応
  • ※各OSのサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境、クラウド環境に対応
CPU Dual Core以上(Quad Core以上を推奨)
メモリ 4GB以上(8GB以上を推奨)
HDD 100GB以上の空き容量を推奨
  • ※データ保存用の空き容量を別途確保する必要があります。
ソフトウェア .NET Framework 4.5以降

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

対象マシン
Windows Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server IoT 2019 Storage
Windows Storage Server 2008 / 2008 R2
Windows Storage Server 2012 / 2012 R2
Windows Storage Server 2016
Windows 8.1 / 10 *1
  • ※各OSのサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境、クラウド環境に対応
NetApp Data ONTAP、clustered Data ONTAP *2
EMC VNX OE、VNXe OE、Unity *2
Isilon OneFS *2
VFP Hitachi Virtual File Platform 4.1.2-01以降 *2

※Resource Athlete最新バージョンの動作環境となります。

  • *1 インベントリ(資産)情報クエリのみ対応
  • *2 CIFS領域に対するフォルダー/ファイル/共有リソース情報クエリのみ対応

ライセンス価格(税別)

サーバライセンス
品名 ライセンス価格 型番 年間保守価格 型番
5 Server ¥600,000 AL-BPSV-5 ¥108,000 M-AL-BPSV-5
10 Server ¥1,050,000 AL-BPSV-10 ¥189,000 M-AL-BPSV-10
20 Server ¥1,800,000 AL-BPSV-20 ¥324,000 M-AL-BPSV-20
50 Server ¥3,400,000 AL-BPSV-50 ¥612,000 M-AL-BPSV-50
100 Server ¥4,680,000 AL-BPSV-100 ¥842,400 M-AL-BPSV-100
無制限 ¥6,000,000 AL-BPSV-X ¥1,080,000 M-AL-BPSV-X
アカウントライセンス
品名 ライセンス価格 型番 年間保守価格 型番
1000 アカウントパック ¥900,000 AL-BPUA-1000-N ¥162,000 M-AL-BPUA-1000-N
5000 アカウントパック ¥1,200,000 AL-BPUA-5000-N ¥216,000 M-AL-BPUA-5000-N
無制限 ¥3,000,000 AL-BPUA-Z-N ¥540,000 M-AL-BPUA-Z-N
  • ファイル/フォルダーに関する情報を取得する場合は「サーバライセンス」を、ドメイン/ワークグループのアカウント情報およびPCインベントリ情報を取得する場合は「ユーザーアカウントライセンス」をご購入ください。
  • 保守は初年度必須でご加入下さい。次年度以降の保守金額も同額となります。
  • ※価格はすべて税別です。

サブスクリプション(税別)

サーバライセンス
品名 年額 型番
5 Server ¥279,000 R-AL-BPSV-5
10 Server ¥489,000 R-AL-BPSV-10
20 Server ¥840,000 R-AL-BPSV-20
50 Server ¥1,584,000 R-AL-BPSV-50
100 Server ¥2,181,000 R-AL-BPSV-100
無制限 ¥2,796,000 R-AL-BPSV-X
アカウントライセンス
品名 年額 型番
1000 アカウントパック ¥420,000 R-AL-BPUA-1000-N
5000 アカウントパック ¥558,000 R-AL-BPUA-5000-N
無制限 ¥1,398,000 R-AL-BPUA-Z-N
  • ファイル/フォルダーに関する情報を取得する場合は「サーバライセンス」を、ドメイン/ワークグループのアカウント情報およびPCインベントリ情報を取得する場合は「ユーザーアカウントライセンス」をご購入ください。
  • ライセンス購入の場合、保守は初年度必須でご加入下さい。次年度以降の保守金額も同額となります。
  • サブスクリプションには保守が含まれておりますので、別途保守へのご加入は不要です。
  • ※価格はすべて税別です。

04.FAQ

Resource Athleteの仕組みについて

全て開く
  • どのような情報を収集できますか?

    「製品概要」のページに記載されていますのでご確認ください

  • クエリとは何ですか?

    Resource Athlete ではフォルダやファイル、アカウント情報を収集する機能のことを「クエリ」と呼んでおります。収集する情報によって必要なライセンスが異なります。

    クエリについて

    ※PCライセンスは、アカウントライセンスまたはサーバライセンスいずれかをご購入いただくことによって、購入数と同数のライセンスが付与されます。
    ライセンスの販売体系については網屋営業本部までお問い合わせください。

  • 対象サーバ側にエージェント(常駐プログラム)をインストールする必要がありますか?

    不要です。
    ADSI、WMI、管理共有の機能を使って、エージェントレスで運用できます。

  • 自動でレポートを作成する事はできますか?

    可能です。
    レポート出力したい項目にチェックし、フィルター条件を記入するだけで、PDF、CSV、TSV形式のレポートを自動作成します。「レポートサンプル」に記載されていますのでご確認ください

Resource Athleteの導入・運用について

全て開く
  • Resource Athleteが対応しているOSや機種について教えてください。

    「動作環境・価格」に記載されていますのでご確認ください

  • Resource Athleteの導入にあたって注意すべき点はありますか?

    Resource Athlete の構成や、導入する環境に応じてサーバの管理者アカウント(Domain Admins等)が必要です。

  • 購入前に試用したいのですが体験版はありますか?

    無償の評価版をご用意しています。
    弊社Webサイトよりお問い合わせください。

  • 保守契約は必須ですか?

    初年度の保守契約は必須となります。

    保守サービス内にバージョンアッププログラム、パッチ提供を行っておりますので保守契約の継続を推奨します。

ライセンスについて

全て開く
  • サーバライセンスとアカウントライセンスの違いを教えてください。

    【サーバライセンス】
    ファイルサーバを対象にフォルダやファイルのリソース情報を取得したり、アクセス権の可視化ができます。

    【アカウントライセンス】
    Active Directoryを対象にアカウントの棚卸しや、ハードウェアやソフトウェアのインベントリ情報を可視化できます。

  • Resource Athleteのライセンス課金について教えて下さい。

    【サーバライセンス】
    情報収集対象となるサーバの台数分ご購入ください。 ※CPUの数、コア数などで必要ライセンス数は変わりません

    【アカウントライセンス】
    アカウント情報を収集する場合はドメインサーバに登録されているユーザーアカウント数分、PCインベントリ情報を収集する場合はPC台数分のライセンスをご購入下さい。 両方の情報を収集する場合はユーザーアカウント数、PC台数、いずれか多い方でライセンスをカウントします。

  • マネージャーサーバのライセンスは必要ですか?

    不要です。

  • ライセンスを追加購入したいのですが、ボリュームディスカウントはありますか?

    ありません。追加購入の場合も、新規購入と同様の料金体系となります。
    (初回購入時にサーバの総数を考慮したご購入をお奨めします)

  • どこから購入すれば良いですか?

    ALog ConVerterは販売パートナー各社より販売を行なっています。
    販売パートナー一覧はこちらでご確認ください。
    一覧にお付き合いのある販売代理店が無い場合は、弊社がご紹介致しますのでお問い合わせください

資料のダウンロードはこちら

  • ALogシリーズ 製品概要資料

    製品の詳しい機能、動作要件、価格などがまとまった概要資料です。

  • ALogシリーズ システム監査対応ガイド

    企業としてやっておくべきセキュリティ対策や、その監査基準を定義した資料です。

ページ先頭へ