データセキュリティ ALogシリーズ

ALogシリーズ 動作環境

サーバアクセスログ ALog ConVerter

ロケーション オンプレミス環境
  • ※物理/仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
クラウド環境(AWS、Azureなど)
対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
  • ※32bit版OSには対応していません
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※ALog最新バージョンの動作環境となります。
CPU 推奨2.7GHz 8コア 以上 (最低2.0GHz 4コア)
メモリ 推奨32GB 以上 (最低8GB)
HDD 500GB以上の空き容量
  • ※対象サーバの台数やアクセスログの保管期間の長さによって別途必要となります。
必要ソフトウェア .NET Framework 4.8以上
以下のいずれかのWebブラウザ:
 Internet Explorer 11以上
 Firefoxバージョン68以上
 Google Chromeバージョン76以上
 Microsoft Edge

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
Windows Storage Server 2012 / 2012 R2 / 2016
Windows Server IoT 2019
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
  • ※クラウド環境に対応
  • ※ALog最新バージョンの動作環境となります。
必要ソフトウェア .NET Framework 4.5 SP1 以上 (エージェント方式の場合のみ)
動作条件
  • ファイルアクセスログの出力対象となるドライブがNTFSフォーマットであること(FATフォーマットには対応していません)。
  • ログの収集方式がエージェント方式の場合、対象サーバからマネージャーサーバの共有フォルダーへファイルの書き込みができること。
  • 対象サーバの管理共有へアクセスできること。
対応OS Data ONTAP 8.2~8.2.5(7-mode)
  • ※サポート対象バージョン
    8.2、8.2.1、8.2.2、8.2.3、8.2.4、8.2.5
ONTAP 9.1~9.9
  • ※サポート対象バージョン
    9.1、9.3、9.5、9.6、9.7、9.8、9.9
  • ※Cloud Volumes ONTAP (旧ONTAP Cloud)、ONTAP Select に対応

※メーカーサポートが終了している製品・バージョンは十分なサポートをご提供できない恐れがあるため、メーカーサポート中の製品・バージョンをご利用いただくことを推奨します。

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • ファイルアクセスログの出力対象となるファイル領域がCIFS領域であること(NFS領域の場合はALog EVAをご利用ください)。
  • Data ONTAPの場合、マネージャーサーバから対象サーバに対してsshコマンド、もしくはrshコマンドが実行できること。
  • ONTAPの場合、マネージャーサーバから対象サーバに対してsshコマンドが実行できること。
  • ログのフォーマットがevtx形式であること(XML形式には対応していません)。
  • NetAppにおけるLDAP認証方式がActive Directory認証であること
    (Active Directory以外のLDAP認証を選択している場合、ファイルシステムNTFSを使用出来ず監査設定が行なえないためALogを使用していただくことができません)。
対応OS VNX OE 7.1.55~8.1.9
  • ※サポート対象バージョン
    7.1.55.31、7.1.65.8、7.1.71.1、7.1.72.1、7.1.76.4、7.1.76.405、7.1.79.8、7.1.80.7、8.1.1.33、8.1.2.51、8.1.3.79、8.1.6.101、8.1.8.121、8.1.9.155、8.1.9.211、8.1.21.266
VNXe OE 2.4~3.1
  • ※サポート対象バージョン
    2.4.4.22283、3.1.1.5395470、3.1.1.6207002、3.1.8.9340299
Unity 4.0.0~5.1.0
  • ※サポート対象バージョン
    4.0.0、4.0.1、4.0.2、4.1.0、4.1.1、4.1.2、4.2、4.3、4.4、4.5、5.0、5.0.1、5.0.2、5.0.3、5.0.4、5.0.5、5.0.6、5.0.7、5.1.0
PowerStore 2.0
  • ※サポート対象バージョン
    1.0、2.0

※メーカーサポートが終了している製品・バージョンは十分なサポートをご提供できない恐れがあるため、メーカーサポート中の製品・バージョンをご利用いただくことを推奨します。

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • イベントログのAutoArchive機能が利用できること。
  • ファイルアクセスログの出力対象となるファイル領域がCIFS領域であること(NFS領域の場合はALog EVAをご利用ください)。
対応OS OneFS7.2.0~9.2.1
  • ※サポート対象バージョン
    7.2.0、7.2.0.3、7.2.0.4、7.2.1.0、7.2.1.1、7.2.1.2、7.2.1.3、7.2.1.4、7.2.1.5、7.2.1.6、8.0.0、8.0.0.2、8.0.0.3、8.0.0.4、8.0.0.5、8.0.0.6、8.0.0.7、8.0.1、8.0.1.1、8.0.1.2、8.1、8.1.0.1、8.1.0.2、8.1.0.3、8.1.0.4、8.1.1.0、8.1.2、8.2.0、8.2.1、8.2.2、9.0.0、9.1.0、9.2.0、9.2.1

※メーカーサポートが終了している製品・バージョンは十分なサポートをご提供できない恐れがあるため、メーカーサポート中の製品・バージョンをご利用いただくことを推奨します。

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • ファイルアクセスログの出力対象となるファイル領域がCIFS領域であること。
  • マネージャーサーバから対象サーバに対してsshコマンドが実行できること。
対応OSRed Hat Enterprise Linux 6 / 7 / 8
CentOS 6 / 7 / 8

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • Auditd、sshd、zip、unzip、openssh-clientsがインストール済みであること。
  • sshdにパスワード認証でログインできること。(公開鍵認証には対応していません)
  • syslogを取得する場合は、「時刻」「ホスト名」「その他の情報」が半角空白で区切られた形式(Linuxのsyslogの出力形式が初期状態)であること。
  • ログの形式はテキストファイルで、非圧縮またはZIP/GZIPの圧縮形式であること。
  • 「/usr/local/sbin」が存在する環境であること。

※Samba環境の場合はお問合せ下さい。

データベースログ ALog ConVerter DB

ロケーション オンプレミス環境
  • ※物理/仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
クラウド環境(AWS、Azureなど)
対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
  • ※32bit版OSには対応していません
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応、クラウド環境に対応
  • ※ALog最新バージョンの動作環境となります。
CPU推奨2.7GHz 8コア 以上 (最低2.0GHz 4コア)
メモリ推奨32GB 以上 (最低8GB)
HDD 500GB以上の空き容量
  • ※対象サーバの台数やアクセスログの保管期間の長さによって別途必要となります。
必要ソフトウェア .NET Framework 4.8以上
以下のいずれかのWebブラウザ:
 Internet Explorer 11以上
 Firefoxバージョン68以上
 Google Chromeバージョン76以上
 Microsoft Edge
Microsoft SQL Server
  • ※対象サーバがSQL Serverで、対象サーバ追加時の監査設定で「SQLトレース」を選択する場合、ログ収集対象となるSQL Serverと同等以上のバージョンが必要です

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
対応SQL Server Microsoft SQL Server 2012 / 2014 / 2016 / 2017 / 2019
  • ※各エディション(Standard, Enterprise, Business Intelligence)に対応
  • ※32bit版、64bit版ともに対応
必要ソフトウェア .NET Framework 4.5 SP1 以上 (エージェント方式の場合のみ)

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • マネージャーサーバから対象サーバのSQL Serverに対しリモート接続が出来ること。
  • ログの収集方式がエージェント方式の場合、対象サーバからマネージャーサーバの共有フォルダーへファイルの書き込みができること。
  • 対象サーバの管理共有へアクセスできること。
対応OS Windows Server 2012 / 2012R2 / 2016 / 2019
Red Hat Enterprise Linux 5 / 6 / 7 / 8
Oracle Linux 6.8 (UEKにも対応)
対応Oracle Database Oracle Database 11.1.x / 11.2.x / 12.1.x / 12.2.x / 18.3 / 19.3 / 21.1
  • ※Express/Personal エディションには対応していません
必要ソフトウェア .NET Framework 4.5 SP1 以上(OSがWindows Serverかつエージェント方式の場合のみ)
Oracle Client

※上記以外の組み合わせはお問合せください。

※ALog最新バージョンの動作環境となります。

動作条件
  • 「AUDIT_TRAIL」によるデータベースの監査が利用できること(既に設定されている場合は監査設定が変更されることがあります)。
  • ログの収集方式がエージェント方式の場合、対象サーバからマネージャーサーバの共有フォルダーへファイルの書き込みができること。
  • WindowsOSの場合、対象サーバの管理共有へアクセスできること。
  • LinuxOSの場合、FTP/SFTPサーバが使用できること。
  • ログの収集方式がエージェント方式の場合、対象サーバが64bitOSであること。
バージョンごとのログ出力形式
バージョンログの出力
Oracle 11.1.x、11.2.xOS / XML / DB
Oracle 12.1.x、12.2.xOS / XML / DB
Oracle 18.3OS / XML / DB
Oracle 19.3OS / XML / DB

統合ログ ALog EVA

動作環境

ロケーション オンプレミス環境
  • ※物理/仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
クラウド環境(AWS、Azureなど)
対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
  • ※32bit版OSには対応していません
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応、クラウド環境に対応
  • ※ALog最新バージョンの動作環境となります。
CPU 推奨2.7GHz 8コア 以上 (最低2.0GHz 4コア)
メモリ 推奨32GB 以上 (最低8GB)
HDD 500GB以上の空き容量
  • ※対象サーバの台数やアクセスログの保管期間の長さによって別途必要となります。
必要ソフトウェア .NET Framework 4.8以上
以下のいずれかのWebブラウザ:
 Internet Explorer 11以上
 Firefoxバージョン68以上
 Google Chromeバージョン76以上
 Microsoft Edge

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

取得可能なログについて
  • イベントログ形式、Syslog形式、テキストファイルに出力された区切り文字形式(CSVなど)、プレーンテキストのログを取得することができます。
  • ログファイルの取得は非圧縮形式ファイル、ZIPファイル形式(Deflata32)の他、gz、bz2ファイル形式の圧縮ファイルに対応しています。
  • テキストファイルは、Shift-JIS、UTF8、UTF16をはじめ.NET Frameworkがサポートしている文字コードである必要があります。

なお、以下のファイルは取得することができません。

  • 区切り文字の無い固定長ファイル※
  • バイナリファイル

また、以下のログは取得することができません。

  • 1日当たり合計で100GBを超えて出力されるログ
  • ※一部対応可能なログもございますのでお問い合わせください

勤怠管理ログ WorkTime

ロケーションオンプレミス環境
  • ※物理/仮想環境(VMWare, Hyper-V, Citrix XenServer)に対応
クラウド環境(AWS、Azureなど)
対応OSWindows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
  • ※32bit版OSには対応していません
  • ※各OS のサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※ALog最新バージョンの動作環境となります。
CPU推奨2.7GHz 8コア 以上 (最低2.0GHz 4コア)
メモリ推奨32GB 以上 (最低8GB)
HDD500GB以上の空き容量
  • ※対象サーバの台数やアクセスログの保管期間の長さによって別途必要となります。
必要ソフトウェア.NET Framework 4.8以上
以下のいずれかのWebブラウザ:
 Internet Explorer 11以上
 Firefoxバージョン68以上
 Google Chromeバージョン76以上
 Microsoft Edge

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

サーバマネジメント Resource Athlete

対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019 Windows Server 2022
  • ※32bit版OSには非対応
  • ※各OSのサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境、クラウド環境に対応
CPU Dual Core以上(Quad Core以上を推奨)
メモリ 4GB以上(8GB以上を推奨)
HDD 100GB以上の空き容量を推奨
  • ※データ保存用の空き容量を別途確保する必要があります。
ソフトウェア .NET Framework 4.8以降

※マネージャサーバのライセンスは不要です。

対象マシン
Windows Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server 2022
Windows Server IoT 2019 Storage
Windows Storage Server 2012 / 2012 R2
Windows Storage Server 2016
Windows 8.1 / 10 *1
  • ※各OSのサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境、クラウド環境に対応
NetAppData ONTAP、ONTAP *2
EMCUnity、PowerStore *2
PowerScale
(Isilon)
OneFS *2
  • ※ Resource Athlete最新バージョンの動作環境となります。
  • ※ 上記以外のNASについてはお問い合わせください。
  • *1 インベントリ(資産)情報クエリのみ対応
  • *2 CIFS領域に対するフォルダー/ファイル/共有リソース情報クエリのみ対応

サーバアクセスログ(スタンドアロン型) ALog SMASH

対応OS Windows Server 2012 / 2012 R2 / 2016 / 2019
Windows Storage Server 2012 / 2012 R2 / 2016
Windows Server IoT 2019
  • ※32bit版OSには非対応
  • ※各OSのサービスパック(SP)に対応
  • ※各エディション(Standard / Enterprise / Datacenter)に対応
  • ※仮想環境、クラウド環境に対応
  • ※ALog SMASH最新バージョンの動作環境となります。
CPU 推奨Quad Core 以上(最低Dual Core)
メモリ 推奨16GB 以上(最低4GB)
HDD 100GB以上の空き容量
  • ※アクセスログの保管期間の長さによって別途必要となります。
必要ソフトウェア .NET Framework 4.8以上
以下のいずれかのWebブラウザ:
 Internet Explorer 11以上
 Firefoxバージョン68以上
 Google Chromeバージョン76以上
 Microsoft Edge
動作条件
  • ファイルアクセスログの出力対象となるドライブがNTFSフォーマットであること(FATフォーマットには対応していません)。

資料のダウンロードはこちら

  • サーバアクセスログALogシリーズ製品概要資料

    サーバアクセスログ ALogシリーズ
    製品概要資料

    ALog Converter / ALog EVA / WorkTime のご紹介

  • ALogシリーズ導入事例資料

    ALogシリーズ
    導入事例資料

    7業種18社の事例を掲載

  • AIが防ぐ未来の情報漏えい内部不正対策の新常識とは

    AIが防ぐ未来の情報漏えい 内部不正対策の新常識とは

    損失額4億円越えの情報漏えい事件は日常的に起こりうる!内部不正を主とした被害事例を元に、情報の流出経路を分析し、効率的な監視ポイントをご紹介します。

  • 3分でわかるALog 活用ガイド[検索編]

    3分でわかる
    ALog 活用ガイド[検索編]

    監査対象のシステムが出力するログを収集し、分析変換する機能を元に、有効活用できる検索機能の活用法を記載したホワイトペーパーです。

  • テレワークを狙うサイバー攻撃 あなたのPCはWeb上から攻撃者に丸見え~始業80秒後から13,850回の攻撃を実測~

    テレワークを狙うサイバー攻撃 あなたのPCはWeb上から攻撃者に丸見え
    ~始業80秒後から13,850回の攻撃を実測~

    サイバー攻撃の温床となっているテレワーク環境。その脅威はどこに潜んでいるのか?攻撃の手口を紐解きながら、対策のポイントをご紹介。

  • サイバー攻撃監視はカンタンに自動化できないのか?専門知識不要、コスト不要の徹底自動化ガイド

    サイバー攻撃監視はカンタンに自動化できないのか? 専門知識不要、コスト不要の徹底自動化ガイド

    ログ管理の観点から、効率的なサイバーセキュリティ対策をご紹介します。

  • ファイル共有やメール機能の操作履歴を自動レポートMicrosoft365のログ管理実践ガイド

    ファイル共有やメール機能の
    操作履歴を自動レポート
    Microsoft365のログ管理
    実践ガイド

    Microsoft365を例に、「クラウドサービスのセキュリティ対策」を自動管理する手法をご紹介

  • これさえ見ればわかる!ログ管理導入 決定版

    これさえ見ればわかる! ログ管理導入 決定版

    初心者にも、熟練者の振り返りにもお使いいただける、ログ管理のノウハウを集約した資料です。

ページ先頭へ