採用情報 RECRUIT

事業について

  • データセキュリティ事業

    当社のデータセキュリティ事業が手掛ける「ALogシリーズ」の主力製品「ALog ConVerter」は、重要データが格納されているサーバ側のログを記録するサーバアクセスログソフトウェア製品です。
    完全自社開発にてビジネスをスタートし、発売以来サーバログ市場を常にリードする製品として国内シェアトップの実績を誇ります。
    ALogシリーズは、専門の技術者の労力を介さずに、情報資産に対する内外のアクセスを把握することができるため、必要最低限のセキュリティ対策として、国内はもちろん海外にもビジネスを拡張しています。

  • ネットワークセキュリティ事業

    当社のネットワークセキュリティ事業は創業期より、ハイエンドのネットワーク通信機器に複合的な専門技術を付帯してお客様に提供する、ネットワークインテグレーションの業務に従事してまいりました。
    現在はこれに加え、長年のネットワーク技術経験を活かした自社商品として、あらゆるネットワーク機器をクラウド(リモート)でコントロールするサービス「Network All Cloud」を手掛けています。

キャリアアップ

MBO制度

MBO(目標管理制度)とは、各社員が自己の業務における目標を設定し、その達成度によって評価を受ける制度です。
網屋のMBOは、1年間にどれだけ職務範囲を広げ、自身を高め、成果を上げたのかによって評価判定します。
期末評価としてだけでなく、期中において日頃から自身でその目標を意識し、実績を分析することによって、自身のキャリアプラン構築に役立てていくことをも目的としています。

キャリアアップ例

  • モデルケース 1

    新卒入社し国内営業部門に配属されたAさんは、学生時代から得意だった英語を学び続けていたところ、網屋があらたに営業を開始することになった新興国の営業担当に抜擢されました。現在は海外営業部門のキーマンとして世界を飛び回り活躍しています。

  • モデルケース 2

    中途入社したBさんは風通しのよい社風と、広くかつ深く技術スキルを付けられる環境に引かれ、網屋に入社しました。入社当初の気持ちを忘れず、日々業務に取り組んでいたところ、わずか数年でリーダーに抜擢。今では自身のスキルアップはもちろんのこと、増え続ける部下の育成も心がけ、チーム全体を引っ張る責任感とやりがいを感じながら仕事をしています。

教育方針

目の前の業務を着実に覚え遂行していくことももちろん大事ですが、あらゆる可能性を見据え、能力向上のための様々な制度を設け、社員の育成を支援しています。

  • 1.研修制度

    • 教育機関に加入契約し、経営層から若手社員の全階層に対応した120種類もの教育カリキュラム(ジャンルは経営、売上アップ、業務管理、マネジメント、ビジネススキル等多彩です)を、従業員が自由に選択し、回数に制限を設けず受講できる制度を導入しています。
    • 平成26年度4月~27年3月の1年間で、国の教育助成金を一部利用して256.5日、1795.5時間の技術教育(社外の集合教育)を実施しました。
  • 2.語学・資格取得支援制度

    • 情報処理試験等、職務に役立つ資格を取得した場合に合格祝い金が支給される制度があります。
      例:情報セキュリティスペシャリスト取得→合格祝い金25,000円 ※一定の条件有り
    • TOEICや中国語検定の成績により合格祝い金、資格手当(期間あり)が支給されます。
      例:TOEICスコア730→資格手当月25,000円支給 ※一定の条件有り

従業員データ

社風

公式アカウントから知る社風

課外活動から知る社風

  • 野球部

    汗がほとばしって見えるほどさわやか&健康をモットーに活動してます。

  • フットサル部

    フットサルを通じて愛と平和と健康を。

  • ボーリング部

    部長だけガチですが、誰でも勝てるルールで楽しく活動してます!

  • ゴルフコンペ

    年に数回開催されるゴルフコンペは初心者からベテランまで高い参加率を誇ります。

  • 青年部

    U30社員で結成。宴会幹事~研究開発まで。若さでなんでもやるぞ!!

社史

株式会社 網屋 20年の歩み

  • 1996年

    創業。ロゴが6本の線から成るのは創業時のメンバーが6名であったからである。
    少人数ながら「インターネット技術を用いて世界をつなぐビジネスを」という大きな理想を抱いてスタートした。
    当時は大手企業の下請けとして、企業内ネットワーク(LAN、WAN)の構築・運用を中心とした「ネットワーク基盤事業」を手掛けていた。

  • 1997年

    イギリスで情報セキュリティマネジメントシステムの規格(BS7799)が制定されたことをうけ、「セキュリティ事業」をスタートする。

  • 1998年

    順調に業務が拡大し本社を六本木から日本橋蛎殻町へ移転。

  • 2003年

    「セキュリティ事業」拡大の為、アメリカBindView社のセキュリティ監査ツール「bv-Control」の国内販売代理店契約を締結する。

  • 2005年

    「bv-Control」ユーザーのニーズをくみ、そのオプションソフトウェア「アクセスログ検索システム」を開発。これが後の「ALog ConVerter(エーログコンバータ)」となる。
    そして同年、「ALog ConVerter」を発売

  • 2006年

    日本橋蛎殻町から中央区新川へ本社を移転する。
    SDNを利用した網屋独自のプラットホーム「amigram(アミグラム)」の開発。

  • 2010年

    「amigram」をもとに開発されたクラウドVPNサービス「Verona(ヴェローナ)」の販売をスタートする。

  • 2011年

    大阪に営業所を開設。
    同年、上海に進出し中国展開の足場を築く。

  • 2012年

    アジア圏への販路拡大の拠点として台湾に子会社を設立する。

  • 2013年

    「ネットワーク基盤事業」の主力商品の1つとなるクラウド無線LAN「Hypersonix(ハイパーソニックス)」の販売を開始。

  • 2015年

    本社を中央区新川から日本橋浜町に移転する。

  • 2016年

    創業20周年を迎える。

ページ先頭へ